seichanの気になるイロイロ☆

読んだ本、見たアニメやテレビドラマを中心とした、気ままなゆる〜い感想ブログです。

【レビュー】メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りの挑戦の5年間 を読んだ感想

おはようございます、せーちゃんです。

 

メルカリってよく使うけど、誰がどうやって創業したのか、いかにしてユニコーン企業になったのか気になりませんか?

一回気になると調べるまで落ち着かないので、本で読みました(笑)

 

 

メルカリ創業者の山田進太郎さんは、大学卒業後にインターネットベンチャーのウノウを創業。

ウノウではweb制作やwebアプリの開発を行なっていたようです。

アメリカの企業に事業を売却した後に世界一周!!

ここで英気を養い新たに会社を興すのですが、それがメルカリ。

 

------------------

Mission

新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る

 

Values

Go Bold:大胆にやろう

All for One:全ては成功のために

Be a Pro:プロフェッショナルであれ

------------------

という価値観を持つ企業です。

 

アプリの全面作り直しなどのサービス改善の苦悩や投資家との駆け引きなど、スタートアップならではのバタバタした空気がたまりません(笑)

現金出品で炎上していたなーなんて思い出しました。

 

また日本でのサービスもおぼつかない段階で、海外にサービスを打ち出す野心。

しかし闇雲ではなく、貫く理念には合理性すらあったように思います。

 

読み物としては上場まではスピード感があって一気に読めて面白い!

その後の新サービスの立ち上げなどに話が移ると、各サービスに新しい人が登場するので誰がどの業務を行っているのか少しわかりにくかったです…

 

ひとまずお目当ての”どのような歴史やビジョンのある会社”なのか知ることができました。

スタートアップの苦悩や、ビジネス思考を養いたい方にオススメの一冊です。

 

~~~

スキルアップしたい人は、この記事がオススメ

stella-blog-inc.hatenablog.com

読んで損はないですよ。以上、せーちゃんでした。

~~~~